【神戸カフェ】まさに隠れ家。知る人ぞ知る和風カフェ「cafe hanabishi(カフェハナビシ)」をご紹介。

名前だけ聞いたことがあった「cafe hanabishi(カフェハナビシ)」に行ってきた。普段はなかなか行くことがない場所にあるこのカフェは、まさに隠れ家と言うにふさわしく、とてもゆったりとした時間が流れる不思議な空間だった。

アクセス

場所は「神戸市中央区北長狭通1-32-6 2階」で阪急神戸三宮駅東口、JR三ノ宮駅西口からすぐの高架下2階部分にある。2階への階段はJR三ノ宮駅西口の北側にあるマクドナルドの付近にあるのでその辺りを散策してみて欲しい。長年神戸に住んでいるけれど「高架下に2階なんてあったっけ?」と思うくらいには知られていないエリアなので、探すのに一苦労するかもしれない。

和風の店内はまるで人の家に遊びに来たような感じ。

外装と内装は落ち着いた木のテイスト

dsc_2094

こちらが「cafe hanabishi(カフェハナビシ)」の入り口。大きく木製の看板に店名が書いているのですぐに分かった。ドアは引き戸となっていて、開き戸に慣れ親しんでいる僕は少し驚いた。

dsc_2087

店内は和風の雰囲気だ。以前はお寿司屋さんだったところをカフェに改装して営業しているようで、カウンターなどにその趣が残っている。靴を脱いで上がる畳間のちゃぶ台に、ソファー席、テーブル席、さらには勉強机と座席は色んなモノがごっちゃ混ぜになっている。それなのに全体として破綻していないこのバランスは絶妙と言わざるを得ない。すごいぞ高架下。

ドリンクとケーキ

dsc_2078_01

こちらは注文したローズティー(400円)。ガラスのポットにティーカップと和風の店内を考えると意外なモノに入っての登場だ。ティーカップにはバラの蕾が入っていてとても香り豊かだった。ポット付きなのでお得感もある。

dsc_2081_01

そしてこちらは一緒に行ったもう一人が頼んだカプチーノ(550円)。写真では伝わらないかもしれないが、カップが通常の二回りくらい大きくかなりのボリュームがある。多すぎて飲み終わる頃には冷めてしまっていたようだけど、これだけ入っていれば満足感はかなりあると思う。

そしてリーズナブルなのはドリンクだけではない。日替わりで3種類ほどケーキがあるのだけれど、それがひとつたったの500円で、さらにドリンクとセットで注文すると100円引きと言うのだ。まさに至れり尽くせり、大満足である。

電車が通る音が気にならなければ快適!

まさかこんな穴場が駅チカにあるとは知らなかった。あえてマイナスポイントを挙げるならば、高架下なので電車が通るときはかなり大きなゴゴゴゴゴという音と振動があることには注意が必要だ。(机が震えるくらいには)。けれどその時以外はとても静かで、時間さえあればいつまでも過ごせそうな心地よさがあった。一人でもまた行きたいと思わされるカフェだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする