【神戸カフェ】手作り感あふれる可愛いカフェ「Cafe maasye(カフェマーシー)」に行ってきた!

元町商店街の近辺にはたくさんのカフェが並んでいて、いつもどこに入ろうか悩んでしまう。今回はその中のひとつ「Cafe maasye(カフェマーシー)」で寛いできた。手作り感あふれる可愛いカフェだった!

アクセス

場所は「神戸市中央区元町通2-4-6 2F」で、元町商店街から路地に入ってすぐのところにある。すぐお隣には商店街沿いに見える「カフェ豆茶」があるので、それを目印に行くと迷わないだろう。阪神・JR元町駅からは徒歩10分弱だ。

レビュー

どこかハワイな感じのするこじんまりした店内

dsc_4795

階段を登り、白色の扉を開けるとそこが「Cafe maasye」だ。入り口には今週のごはんが写真付きで載っている。

dsc_4794

店内は窓から日差しが入って明るく、観葉植物やお花が飾られていて可愛くされている。またテーブルやイスにカラフルなものが混ざっていたりして、どこかハワイな雰囲気だ。このどこかチグハグな感じが、手作りカフェ感を感じさせるのだろう。

dsc_4785

壁面にはメニューが並んでいる。写真のようにかなりのスペースを取っているのだけれど、テーブルでもちゃんとメニューを渡していただけるので、こちらを見ることはあまりないだろう。次に来た時はあれを注文してみたい!となることを期待しているのかもしれない。

週替りのランチ(豚の角煮風)は甘い大根との組み合わせがベリーグッド

dsc_4783

今回注文したのは週替りのランチ(豚の角煮風)(1000円)だ。こちらは週替りのメイン、ご飯、お味噌汁、お惣菜に加えてコーヒーまたは紅茶も付いてくる。この日の豚の角煮風は、大根を豚肉で包み込んだもので、お肉はとても柔らかく、中の大根はとても甘いことから、よく煮込まれてることが分かる。これにお味噌汁や他のお惣菜もついて1000円はとーってもリーズナブルに感じた。

小さなカフェが好きな方にはオススメの一軒

比較的こじんまりとしたカフェなので、広いカフェよりも狭いカフェのほうが居心地が良いという方にはとってもオススメ出来る。窓際の席で紅茶でも飲みながら優雅に読書なんてのも乙なものだ。興味を持たれた方は是非行ってみて欲しい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする