【神戸カフェ】古民家風カフェ「すいらて」は居心地抜群の静かなカフェだった!

今日は畳でのんびり過ごせる静かなカフェ「すいらて」を紹介したい。訪れる人たちが思い思いに自由な時間を楽しめる素敵なカフェだった。

アクセス

場所は「兵庫県神戸市中央区北長狭通7丁目1−24」で、阪急花隈駅からすぐのところにある。JRだと神戸駅と元町駅のちょうど中間あたり位置し、徒歩10分強の距離だ。以前紹介した「cafe yom pan」の近くである。

レビュー

畳でのんびり出来る古民家風カフェ

オレンジ色の雨よけがかなり目立つので、お店はすぐに見つけられる。入り口は味わいのある木製の引き戸になっており、渋い良い雰囲気である。

お店は1階がカウンター席、2階が座敷及びテーブル席となっている。2階は窓から日光が差し込んで、明るく爽やかな雰囲気だ。お店のあちこちに可愛らしい雑貨が展示されていて、心がウキウキする。

写真にある椅子の席はテーブルが小さいので、カフェ利用のときだけ使ってもらっているようだ。ランチ利用であれば別席を勧められる。

2階には大きな本棚があり、もちろん自由に手にとって読むことができる。本棚に飾られた帽子がなんだか気に入ってしまって、思わず写真に収めてしまった。どこか懐かしい風情がある感じが上手く伝わるだろうか。

美味しいパスタランチに舌鼓

ランチセットは基本的に日替わりで、メイン一品に付け合せ、ドリンクがついてくる。この日のメインはあっさりとしたパスタで、訪問したのがとても暑い日だったこともあり、大変美味しくいただけた。

「すいらて」ではこだわりの自家焙煎のコーヒーを出しているので、食後のドリンクは是非コーヒーをおすすめしたい。香り、コクともに上品なコーヒーだった。普段あまり好んで飲まない方にこそ飲んで欲しいと、オーナーさんも自信をもって紹介されていた。

読書にも作業にも、自由に過ごせる

座席によってはコンセントも使えるカフェなので、ノートパソコンで集中して作業するような場面にも活躍する。とにかく静かでのんびり過ごせるので、ガヤガヤとした喧騒から離れたいという方にピッタリのカフェだった。是非一度訪れてみて欲しい。