【神戸カフェ】ジャングルのような不思議な空間が広がる喫茶店「舌れ梵(トレボン)」。

各線元町駅から徒歩3分のところにある喫茶店「舌れ梵(トレボン)」へ行ってきた。ジャングルのような不思議な空間が広がる素敵なお店だったので紹介したい。

アクセス

場所は「兵庫県神戸市中央区元町通3-12-12」で、各線元町駅西口を降りて徒歩3分のところにある。

レビュー

植物に囲まれた都会のオアシスのような店内。

DSC_7478

入り口はジャングルのようにたくさんの植物に囲まれている。ここがフラワーショップでなくて喫茶店であることが驚きなくらいの植物の量だ。影になってかなり暗くなっているが、勇気を出して扉を開こう。

DSC_7476

中に入るとまるでジャングルのようなムワッとした空気を感じる。所狭しと店内に植物、花たちが飾られているためだ。昼間であっても写真ように薄暗く、秘密の隠れ家のよう。今回は一番奥の席だったけれど、窓際の席だと木漏れ日が入ってきて気持ちが良さそうだ。ちなみに店内は喫煙可となっているので、タバコが苦手な人は気を付けたほうが良いかもしれない。

ハニートーストが絶品。是非一度は食べて欲しい。

DSC_7465

この日はレモンティー(350円)とハニートースト(200円)を注文した。

レモンティーは特大のレモンのカットが添えられていて、甘酸っぱい風味を存分に味わうことが出来る。シロップが入ったニワトリのポットもとても可愛い。

そしてハニートーストは、お値段がたったの200円であるにも関わらず、厚くてふっくらした食パンを使用していて食べごたえがある。さらにマーガリンではなくバターを使って焼いているので、香り、味ともに通常の喫茶店で出てくるトーストとは一線を画している。まさに絶品と言うに相応しいものだった。

ここはまさに心のオアシス。

オーナーの老夫婦と思われる方が、テーブルでお客さんと会話に花を咲かせている。のんびりお喋りをしていると、僕のところにも声をかけてきてくれて、なんだかほっこりした気持ちになった。

こんな素敵な喫茶店が神戸にあることがすごく嬉しい。ずっとずっと続いて欲しい、そう願わずにはいられないお店だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする