【神戸カフェ】昭和の香りが漂う老舗喫茶店「エビアンコーヒー」で休日を過ごしてみた。

たまには喫茶店でのんびり本を読んで休日を過ごすのも悪くないなと思い、自前の本を手に喫茶店「エビアンコーヒー」に行ってきた。こちらの喫茶店は友人からオススメされたお店で、神戸で初めてサイフォン式のコーヒーショップとしてオープンした老舗なのだそうだ。美味しいコーヒーには目がない私は早速足を運ぶことにした。

EVIAN COFFEE
http://www.evian-coffee.com/

アクセス

場所は「神戸市中央区元町通1-7-2」で阪神・JR元町駅の東改札口から南へ徒歩3分のところにある。大丸や南京街からも近いので、お出かけの休憩にちょうど良い立地だ。

レビュー

昭和の香りが残る良い雰囲気の喫茶店

dsc_4929

外観は神戸らしい異国情緒溢れる喫茶店といった感じ。内装もカウンター席とテーブル席中心のオーソドックスなスタイルとなっている。カウンターでは常にサイフォンでコーヒーが作られ続けていて、その様子を見ているだけでも飽きそうにない。また店内には音楽が流れておらず、お客さんの喋り声とお皿のぶつかる音だけが聞こえてくる。お客さんは40代以上の年配層が中心で、私のような若者はあまり見かけなかった。まるで昭和の時代にタイムスリップしたようなお店の雰囲気に圧倒されてしまった。もちろん禁煙席などはない。まさに昭和の世代のための喫茶店と言っても過言では無さそう。

少し酸味のあるコーヒーがたまらない人にはたまらない味

dsc_4923

この日注文したのはヘルシーサンドイッチのコーヒーセット(700円)。サンドイッチはトーストされたパンにレタスやトマトが入っているシンプルなものだ。さて注目のサイフォンで淹れられたコーヒーのお味は、酸味のあるどこか懐かしさを感じるものだ。たまらない人にはたまらない、そんな癖のある味だった。残念ながら私の口には合わなかったけれど、その美味しさはお店に訪れるお客さんの人数が物語っていた。一度は試してみる価値はあると思う。

年配の方たちが楽しめるお店

昔から変わっていないような作りのこの喫茶店は、きっと年配の方たちの憩いの場となっているのだろう。ぶらりと訪れてコーヒーを飲みながらお喋りをする。綺麗でお洒落な街「神戸」に、そっと落ち着きを与えるそんなお店なのかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする