【作例・レビュー】シグマ「50mm F1.4 DG HSM」で須磨離宮公園を撮ってきた。

シグマのArtラインに属する単焦点レンズ「50mm F1.4 DG HSM」を持って、神戸の須磨離宮公園を散歩してきた。せっかくなので作例紹介を兼ねて、撮影した写真たちを紹介したい。

写真


[焦点距離:50mm 絞り:F1.4 SS:1/100 ISO:400]

今回は須磨離宮公園の中でも植物園を中心での撮影となった。温室内であっても絞り開放のF1.4の明るさがあれば難なく撮ることが出来る。また被写界深度が浅いため何を撮りたかったのかハッキリと伝わるため使いやすい。


[焦点距離:50mm 絞り:F1.4 SS:1/320 ISO:100]

立体感のある被写体ではなだらかにボケてくれるため、印象的な一枚となる。またピントが合っているところはとてもシャープに写るレンズだ。マニュアルで丁寧にピントを合わせると驚くほど綺麗な写真が出来上がる。


[焦点距離:50mm 絞り:F1.4 SS:1/200 ISO:250]

実際に使ってみると意外と被写体に寄れることが分かる。50mmの画角は目に見えたものを切り出すのにピッタリな画角だと思っている。寄れるということは余分なものをカットしやすいということであり、この画角をより活かした写真を撮ることが出来るということだ。


[焦点距離:50mm 絞り:F1.4 SS:1/3200 ISO:160]

訪れたときは梅の花が見頃の時期だった。カメラを構えながら「早く暖かい春がやってこないかな」と思う。今年は写真を撮るためにたくさん外出したい。


[焦点距離:50mm 絞り:F4.0 SS:1/400 ISO:400]

一本の木の中でも早咲きの二輪が目に入った。まるで「おはよう」と挨拶しているように向かい合って咲いている。少し絞ることでしっかりと美しい花の姿を収めることが出来た。


[焦点距離:50mm 絞り:F1.4 SS:1/250 ISO:100]

F1.4という明るさとピント面のシャープさによって、地面に落ちた枯れ葉の一枚ですら魅力的に表現することが出来る。

感想

単焦点レンズ一本だけで出掛けるのは少し勇気が要ったが、思いの外楽しく散歩することが出来た。これから暖かくなればすぐ桜の季節がやってくる。今回で撮影目的のお出かけの面白さを知ることが出来たので、今年は撮影のために旅行に行ったり、外出するのも積極的にやってみたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする