【神戸カフェ】お洒落なカフェ&バーの「Rustic House(ラスティックハウス)」でランチをいただいてきた。

ランチをするために北野の街を散歩していた時に見つけたお店「Rustic House(ラスティックハウス)」を紹介したい。気品溢れるマダムが切り盛している北野らしいカフェ&バーだった。

アクセス

DSC_6608

場所は「兵庫県神戸市中央区山本通2-1-2」で北野坂を登り、路地へ曲がったところにある。白い壁が異国情緒を醸し出していて良い雰囲気だ。

落ち着いた店内は大人の雰囲気が漂う

DSC_6606

店内はお昼時なのにどこか夜を感じさせるような大人の雰囲気だ。店に入ると、気品溢れるマダムがカウンター席を案内してくれた。中央に大きなテーブルがあり、奥にカウンター席が配置されている。入口側にはソファー席もあり、なんだか広い洋館のリビングルームのようだった。大きな声で友達同士でお喋りに花を咲かすのは憚られる、そんな空気がお店に流れている。

今回はカウンター席に案内されたので落ち着いて喋れたけれど、大きなテーブル席だと他のお客さんの組と相席になることもあるようなので、少し気を使うかもしれない。

DSC_6597

カウンター席からは調理場が見える。整理整頓されたキッチンは出てくる料理の上品さを想像させられる。カウンターに並べられたグラスもなんだかお洒落だ。

ちょっと贅沢なランチタイムを是非

DSC_6593

この日はカレーランチ(1640円)を注文。サラダとメインのカレー、食後のコーヒー又は紅茶がセットになっている。

最初に出てきたサラダはレタスとオニオンのシンプルなものだけれど、ドレッシングがすごくあっさりしていてすごく美味しい!バラの描かれたお皿に乗って出てくるというのもなんだか非日常的で素敵。

DSC_6599

こちらがメインディッシュのカレーライス。大きなお皿でボリュームもかなりある。

ルーはトマトの風味のもので、辛いものが苦手な僕でも問題なく食べられる辛さ。ミルクがかけられているからか、口当たりがまろやかでしつこくない味だった。ライスはバター風味のもので、ナッツが混ぜられている。ルーの辛さとナッツの甘みが絶妙にマッチしていて、大満足の味だった。今まで食べたカレーの中で一番美味しかったかも。

北野らしいとても上品なお店だった。

北野のエリアは本当に上品なお店が多い。このお店も例に漏れず素敵な北野カフェ&バーだった。

お値段もそこそこ高めなので自分へのご褒美として行ってみて欲しい。きっと満足出来るはず。次回はハンバーグランチ(2160円)を試してみたいなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする