【神戸カフェ】「tea room mahisa okamoto(ティールームマヒシャ岡本)」に行ってきた!紅茶が美味しい、昼下がりに来たいカフェだった。

三宮にある「tea room mahisa(マヒシャ)」の姉妹店の「tea room mahisa okamoto(ティールームマヒシャ岡本)」に行ってきたので、紹介する。駅チカでお洒落な石畳の道沿いにある、ゆったり出来るカフェだった。

mahisa
http://www.o-cha-ya.com/index.html

アクセス

場所は「神戸市東灘区本山北町3丁目6-9」で阪急岡本から徒歩3分ほどのところにある。有名な「いしころカフェ」のすぐ隣だ。

レビュー

間接照明が温かい落ち着く雰囲気。

dsc_1930_01

店内はこんな感じで木のテーブルが中心である。淡黄色の壁紙と所々にある植物の緑が良いバランスで落ち着く雰囲気だ。ブランケットなどが用意されているのは女性に嬉しいサービスだ。

スイーツもランチもとっても美味しくてオススメ!

dsc_1920_03

今回注文したのは「2種のチーズのマフィン(470円)」。紅茶もしくは珈琲のセットだと860円になる。「温かいうちにお召し上がり下さい」とのことで、早速パクり。溶けたチーズと塊のチーズが絶妙に混ざり合い、マフィンの食感とともに濃厚なチーズの風味が口の中に広がる。僕のようなチーズ好きにはたまらないけれど、6Pチーズのような固形チーズが苦手な方には濃すぎるかもしれない。

dsc_2103_01

昼に来た時のランチメニューはこんな感じ。メインのおかずにごはん、お吸い物、小皿、お茶の構成で、それぞれ日替わりだそうだ。ランチが一種類しかないのは少し寂しいような気もするけれど、迷うことがないのでこれはこれでありだなあと思う。ちなみにこの日のおかずは「豚肉と野菜のコチュジャン炒め」で、とてもよくご飯が進んだ。

「いしころカフェ」がいっぱいならこちらで過ごしてみては?

岡本のカフェでランチをするなら「いしころカフェ」みたいなところがあるけれど、かなりの人気店のため満席で入れないことも多い。そんなときにはお隣のマヒシャで優雅な昼下がりのランチタイムはいかがだろうか。勝るとも劣らない素敵な時間を過ごせるに違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする